クインチ縫製

クインチ縫製*こんにちは、今日はジーンズのアウトサイドシーム、クインチ縫製をお届けします。 クインチとはジーンズの左右アウトサイドシームの横にはしる13cm程のステッチのことで、主な目的は縫い代を片倒しすることです。 クインチのポイントは2つ。 1つ目のポイントは、前ポケット方向の生地はフラットに、後ポケット方向の生地は“きせ"の立ち上がりを意識して縫うこと。これは結果、服に立体感のある表情と履いた時にシルエットを綺麗に見せることに繋がります。人の体は曲線なのでその点を意識してのことですね。 きせ…縫い代を片方に倒す時、縫い目より少し(数mm程度)奥に折り山をつくり、縫

Sewing

クインチ縫製

クインチ縫製*こんにちは、今日はジーンズのアウトサイドシーム、クインチ縫製をお届けします。 クインチとはジーンズの左右アウトサイドシームの横にはしる13cm程のステッチのことで、主な目的は縫い代を片倒しすることです。 クインチのポイントは2つ。 1つ目のポイントは、前ポケット方向の生地はフラットに、後ポケット方向の生地は“きせ"の立ち上がりを意識して縫うこと。これは結果、服に立体感のある表情と履いた時にシルエットを綺麗に見せることに繋がります。人の体は曲線なのでその点を意識してのことですね。 きせ…縫い代を片方に倒す時、縫い目より少し(数mm程度)奥に折り山をつくり、縫

アイロンワーク

アイロンワーク*今日はアイロン作業についてです。 アイロン作業は縫う前の準備工程として非常に重要な役割があります。 今回はジージャンの右前身頃の上側、前立て部分折り返しをアイロンしているところでした。 こうした細かな作業のひとつひとつが綺麗な縫製に繋がり、次の工程の手助けにもなっています。  

YKK アタッチングマシン

YKK アタッチングマシン*今日はGジャン、Gパンでお馴染みのボタン、リベットを打つ作業についてお話したいと思います。 私達の会社ではこの工程は作業入門者向きとして、比較的早めの段階で経験します。今回はGジャンのタックボタンを打つ作業です。 操作は簡単!上下の装置に上組と下組の金具を取り付け、赤いレーザーポインターの位置に打ち込みたい場所を合わせ、足踏み装置を踏んで上下の装置が生地を真ん中にして打ち込むという順序です。      

BLACKDENIMJEANS-Hem up

BLACK DENIM JEANS- Hem up*こんにちは。本日はブラックデニムの仕上げ工程、裾上げの様子をお届けします。 ブラックデニムはインディゴとはまた違う表情で良いですね。今回使用している約15ozのブラックデニムはご家庭で洗っていった時に色の退色による経年変化を楽しめたり、糸糊が落ちることで生地の光沢と腰回り、股下などの部分的なハリ感はその人に合わせて落ち着いていきますが、生地自体のコシは残るため何年、何十年と履き続けることができる非常に丈夫な生地です。僕達はその生地の特徴をできる限り理解し、活かせるように種類の違うミシンの設定を1台毎に調整しながら一本一本縫製して

ヌメ革×4号帆布

ヌメ革×4号帆布*先日の新プロジェクトの続きです。今回は革と帆布の組み合わせの製品なので、その2つをパイピングするために専用の金具をつくらなければいけませんでした。今までに挑戦したことのない素材の組み合わせ、厚みのため試行錯誤を繰り返していましたが、ついに完成しました。 革も届いたことだし、早速試してみてます。

UNION SPECIAL×JUKI MS-3580(送り出し腕型3本針二重環縫ミシン)

UNION SPECIAL×JUKI MS-3580(送り出し腕型3本針二重環縫ミシン)*こんにちは、サワダです。本日は少し珍しいミシンをご紹介します。 UNION SPECIAL社とJUKI社のWネームのロゴが入ったミシン。一時の生産時期のみこのWネームモデルが存在しました。良くも悪くも中味はUNIONで外見はJUKIです。このWネーム以降UNION社はMS-3580を作らなくなり、JUKI社に引き継がれました。このモデルまでがUNION社パーツを使っています。 今回はjeansの後ろヨーク部分の環縫いをしている写真をお届けします。  

初夏

初夏*ここ数日でぐっと熱くなってきましたね。今や会社のアイコン的存在になりつつあるクワガタ君も日に日に活発になってます。それは現場も同じで全体的に熱気を帯びてきています。そして、その中でも暑さにも負けず現場監督の吉川さんは黙々と縫い上げてくれています。彼の縫製は正確且つ早いのはもちろんですが、更に言うと製品がどうしたらよりよく見えるのかということを常に考えながら実践しているベテランオペレーターです。弊社の縫製は彼なしでは成り立たないといっても過言ではありません。  

UNION SPECIAL

UNION SPECIAL*こんにちは。ジーンズをつくる時には色々な道具とミシンを使用します。左上から(順に下へ)ミシン油、巻縫いの部分で使用する「ラッパ」と呼ばれるミシンに取り付ける金具×2種類、ミシンの形をしたおもり、糸切ハサミ、裁断ハサミ、裾上げ用ミシンを挟んで右側にいきまして、上からチャコペン(板型)、三角チャコ、ミシン針です。 中央のミシンは裾上げ専用機、今は無きUNION SPECIAL社の<43200G>です。他にも裾上げができるミシンはありますが、これでないと出てこない独特の強い捻じれというものがあります。それが、生地に水分が入ることで生地の収縮も合わさって波

Daily work

Daily work*こんにちは。本日は会社内をちょっとだけお見せしたいと思います。      あ、こっそり撮っていたつもりが奥の人に見つかっちゃいました。本日は雲一つない快晴です、風も心地良いです。こんな日は色々と捗りますね。

JUKI LH-3588A-7(セミドライヘッド2本針本縫角縫付きミシン)

JUKI LH-3588A-7(セミドライヘッド2本針本縫角縫付きミシン)*こんにちは、本日紹介するミシンの特徴をお伝えする前に、こんな三角形をみなさんは見たことがあるでしょうか。   この三角形は今回ご紹介する2本針ミシンという種類のミシンによってできるものです。ではなぜこの三角形ができるのか、そもそも2本針ミシンの歴史を少しお話したいとおもいます。その昔、2本針ミシンというものがまだなかった頃、当時は1本針ミシンでそれぞれ1本づつ縫っていました。その手間や時間短縮を目的につくられたのが、この2本針ミシンです。当時は画期的で、僕自身も初めて見た時は2本同時に縫えるミシンなんて、

PEGASUS EXT3244-04(差動上下送りオーバーロックミシン)

PEGASUS EXT3244-04(差動上下送りオーバーロックミシン)*こんにちは、連日暑い日が続きますね。まいどのサワダです。今日は現在、jeansの内股部分の縫製で使用していたPEGASUS社製の EXT3244-04のミシンを使った内容をご紹介します。このミシンは縫い針を1本~3本に変更することができ、糸も最多で6本にすることが可能です。つまり、オーバーロックだけでなくインターンロックもできたりと汎用性の高いミシンです。インターロックとは地縫いとロック始末を同時にするもので、下は3本針、糸は全6本使用時の縫い目です。 jeansをお持ちの方は内股の縫製をみてみたら大抵はこの縫

JUKI DDL-8700-7(1本針本縫ミシン)

JUKI DDL-8700-7(1本針本縫ミシン)*こんにちは、みなさんは縫製の現場をみたことがありますか?ひと昔前よりはメディア媒体にでるようになりましたがまだまだ実際の現場を見る機会は少ないとおもいます。そこで、今後は工場内を私、サワダより記事にして情報発信をしていこうとおもいます。ミシンに関してはその種類、使い心地、ベテランさんからの意見などを聞いていきます。この記事を通じてミシンの種類、使い方、洋服のこの部分はこのミシンでこう縫製されているのか、など洋服づくりの「縫製」というところをもっと詳しくみなさまへお伝えできればとおもいます。 今回は一本針本縫いミシン、JUKI社のDDL-87


.

.

.

Nagara River

〒500-8361 岐阜市本荘西3-8

3-8, Honjo Nishi, Gifu-shi, Gifu, 500-8361, Japan