/wp/wp-content/uploads/2018/06/DSC_1014-1800x2707.jpg

UNION SPECIAL*こんにちは。ジーンズをつくる時には色々な道具とミシンを使用します。左上から(順に下へ)ミシン油、巻縫いの部分で使用する「ラッパ」と呼ばれるミシンに取り付ける金具×2種類、ミシンの形をしたおもり、糸切ハサミ、裁断ハサミ、裾上げ用ミシンを挟んで右側にいきまして、上からチャコペン(板型)、三角チャコ、ミシン針です。

中央のミシンは裾上げ専用機、今は無きUNION SPECIAL社の<43200G>です。他にも裾上げができるミシンはありますが、これでないと出てこない独特の強い捻じれというものがあります。それが、生地に水分が入ることで生地の収縮も合わさって波をうつように強いアタリになり、履けば履くほど昔の製品のような着古した風合いに近づける事を可能にしています。

色が剥げたり何度も使い続けているものってなんでこんなに惹かれるんですかね。